仙台初詣合格祈願 機械系の仕事と資格

機械系の仕事と資格2

仙台初詣合格祈願 仕事と資格

仙台初詣合格祈願 機械系の仕事と資格2

仙台初詣合格祈願 航空整備士

航空機の整備、点検が仕事です。
絶対にミスが許されない仕事であるため、責任が重く、精神的緊張がいる職業です。
精密な機械を扱うので専門の知識と技術が必要です。

関連資格
1等航空整備士
資格区分 国家資格
資格の説明 航空機の安全航行のために、機体の整備・点検を行う専門のエンジニアに与えられる資格。
取得方法 受験は1等、2等、3等に区分され、年齢と共に一定以上の経験者のみ受験資格が認められている(1等の場合は20歳以上で、4年以上の整備経験を有する者)。学科試験と実地試験(機体や装備品の取り扱い、検査、故障の際の処置など)がある。整備経験を必要とするので、航空関連の学校で実習を積むことが求められる。
問い合わせ 国土交通省航空局技術部乗員課
TEL 03−3580−3111
取得後の進路・職業 航空機運航会社や整備工場、整備ハンガーなどで整備士として活躍できる。

仙台初詣合格祈願 車両整備技能士

鉄道車両の点検整備を行う仕事です。
鉄道は多くの人々を運ぶため、常に安全走行ができるよう、完全な整備が要求されます。
点検整備は分化しており、それぞれの部門が専門化されています。
技能検定試験を受けて、資格を取ることができます。
技能検定には「走り装置整備作業」と「原動機整備作業」があります。

仙台初詣合格祈願 自動車教習所指導員(指定自動車教習所指導員)

教習生に自動二輪、普通免許、大型免許などの免許を取得させるために、運転技能と車の構造、道路交通法などを教える仕事です。
法律や車の構造の知識があることはもとより、優秀なドライバーであること、思いやりがあること、言葉のマナーの心得なども必要です。
技能指導員と学科指導員とがあり、男子の指導員がほとんどですが最近は女性も増えてきました。
指導員になるには公安委員会が行う審査に合格する必要があります。

仙台初詣合格祈願 自動車検査員

運輸局長の指定を受けた指定自動車整備工場で整備完了車を検査し、道路運送車両法の保安基準に適合している旨の証明や標章の交付および整備記録簿の記載等を行う非常に重要な業務で、国が行う検査業務の一部を代行する仕事です。
有資格者の中から選任された者が自動車検査員になれます。

関連資格
自動車検査員
資格区分 国家資格
資格の説明 整備完了車が保安基準に適合しているかどうかを検査するのが主な職務。2級自動車整備士資格を取得し、検査主任者に選任されてから1年以上整備工場に在籍し、かつ事業者の推薦を受けた者のみが受講できる。
取得方法 各地方運輸局整備部整備課へ受講申込書、整備士手帳(または検査主任選任届)を提出して受講する。
問い合わせ 各地方運輸局整備部整備課
TEL 045−211−7254(関東運輸局整備部整備課)
取得後の進路・職業 指定整備工場(民間車検場)において、整備完了車が、道路運送車両の保安基準に適合しているかどうかを検査する。

自動車検査主任者
資格区分 国家資格
資格の説明 地方運輸局長の認証を受けた自動車分解整備工場で、分解整備を終えた車の完成検査などの業務に従事。認証を受けた工場では各事業場ごとに自動車検査主任者を選任することが義務づけられているので、自動車整備において指導的立場に立つために取得したい資格といえる。
取得方法 自動車整備士1級、もしくは2級の技能検定の合格者、自動車検査官の経験がある等の資格要件を満たしていれば、選任の手続きをとることが可能。
問い合わせ 各地方運輸局整備部整備課
TEL 045−211−7254(関東運輸局整備部整備課)
取得後の進路・職業 自動車分解整備工場で、分解整備を終えた車の完成検査、分解整備記録簿の記載処理などを行う。

仙台初詣合格祈願 機械系の仕事と資格ページTOPに戻る