仙台初詣合格祈願 機械系の仕事と資格

機械系の仕事と資格4

仙台初詣合格祈願 仕事と資格

仙台初詣合格祈願 機械系の仕事と資格4

仙台初詣合格祈願 船舶機関士

船舶を動かす機関(エンジン)部門の管理技術者として船舶に乗り組み、機関の運転や部員の指揮監督をする仕事です。
水、空気調整系統の中枢機器の保守管理にも携わります。
機関士になるためには国土交通省の行う海技従事者国家試験に合格し免許を取得しなければなりません。
1級から6級海技士(機関)の免許があります。

仙台初詣合格祈願 タクシー運転手

乗客の希望する目的地まで、安全にそして快適に輸送します。
個人で営業する人と特定のタクシー会社に所属する場合とがあります。
第2種免許が必要となります。運転技術に優れていることはもちろん、交通法規を熟知していることや地理を覚えるカンなども必要です。
また、よい接客態度も要求されます。長時間神経を張りつめて運転をしますので、健康でなくてはなりません。

仙台初詣合格祈願 鉄道車輌製造・整備技能士

鉄道車輌の製造・点検整備の作業に従事します。

デリック運転士

つり上げ荷動5t以上のデリック運転業務に従事します。

仙台初詣合格祈願 電車・気動車運転士

大量の乗客や貨物を、電車や気動車、列車を動かして目的地まで運ぶのが仕事です。
鉄道輸送の最先端といえます。
実際の仕事は、発車の準備、運転、到着後の仕事、事故の処理などですが、人命を預かる仕事であるため常に緊張していなくてはなりません。
冷静さや的確な判断力も必要とされます。
資格の取得方法は各鉄道会社によってかなり違います。
入社後に必要な研修や指導を受けた後、試験を経て配属されるようです。

仙台初詣合格祈願 バス運転手

バス会社に所属し、乗客を運ぶ路線バスを運転する仕事です。
大型第2種自動車免許を持っていることが第一条件で、入社後社内研修を受けて配属されます。

仙台初詣合格祈願 パイロット(事業用操縦士)

定期運送以外の飛行機やヘリコプターを操縦する仕事です。
遊覧用や新聞社、放送局の取材、地図の作成などで人を乗せて飛ぶことがあります。
国家試験に合格しなければなりません。

関連資格
事業用操縦士(飛行機)
資格区分 国家資格
資格の説明 遊覧飛行や農薬散布、報道関係の取材などに利用される小型飛行機の操縦免許。航空会社の定期航空路のパイロット(定期運送用操縦士)になるには、さらに長期間の訓練と実務経験が要求される。
取得方法 18歳以上で、国土交通省航空大学校や指定航空従事者養成私設での飛行訓練経験など、受験資格も厳しく定められている。試験は学科と実地で、年3回(官報で公示)行われる。
問い合わせ 国土交通省航空局技術部乗員課
TEL 03−5275−9292
取得後の進路・職業 遊覧飛行や農薬散布などを行うのに適した、小回りのきく小型機のパイロットとして就職。

仙台初詣合格祈願 パイロット(定期運送用操縦士)

航空会社の定期航空路線を飛ぶ航空機の操縦をする仕事です。
航空機には旅客機と貨物機とがありますが、旅客機には、機長(キャプテン)と副操縦士(コー・パイ)とよばれる2人のパイロットが乗務しています。
機長は乗客を安全に目的地に運ぶだけでなく、乗務員の長として機内で起きるあらゆることに責任を持ち、ほかの乗務員の指揮監督を行います。
副操縦士は、操縦や地上の航空官制官との通信、飛行計器類の監視などについて機長を補佐します。
国家試験に合格しなければなりません。

関連資格
事業用操縦士(飛行機)

仙台初詣合格祈願 フォークリフト運転技能者

最大荷重が1トン以上のフォークリフトの運転を担当する仕事です。
荷役の機械化はますます進むので、資格を持てば有利です。

仙台初詣合格祈願 揚貨装置運転士

制限荷重5t以上の揚貨装置(クレーン、デリックの港湾荷役作業用)の業務に従事します。

仙台初詣合格祈願 機械系の仕事と資格ページTOPに戻る